かゆみ

2011年8月27日 土曜日

かゆみに対して漢方って?

透析患者さんのつらい症状の一つにかゆみがあります。

局所的なものであれば原則としては軟膏などの外用薬になります。

しかし中からくるかゆみ、いらいらするほどのかゆみ、身体の芯からくるかゆみ、あちこち飛び回るかゆみに対しては実際のところ軟膏だけでは解決できません。

薬とすると基本的にはH1拮抗薬とされるアレルギーの薬が最もよく使用します。

ステロイドが入っているかゆみの薬もありますがあまり使いたくないですね。

あと透析患者さんのかゆみのために開発されたレミッチというくすりは発売されています。

効果は結構あると思います。

日中に限らず夜間のかゆみも抑えてくれる良薬と思います。

しかしたまに不眠の症状があります。不眠も続くとしんどいですよね。

これらのお薬で改善しない場合。。。。

透析方法を変更する(オンラインHDFや長時間透析など)という手も重要な選択肢になります。

どうしても薬となった場合、考えた末に漢方薬を選択しました。

調べたところ、透析患者さんのかゆみに対してつむら黄連解毒湯、温清飲が効果があると言われています。

3週間後位から効いてくるようで約4-5割の有効率でした。

頑固なかゆみで困っている患者さんに対して漢方薬も症状軽減に一役買ってくれることを期待しています。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら