ブログ

2012年1月17日 火曜日

回診について

通常、血液透析の場合ベッド再度回診を行います。

しかし一般内科では診察室で1対1で診察します。

時にすごくギャップを感じることがあります。

透析室はお互いにとってプライベート空間ではなく、言いづらいこともあります。

一番困るのは説明をするときです。

診察室であれば紙に書いて説明をしたり、血液検査結果表を見ながら説明したりします。

しかし当院ではベッド型透析なのでみなさん寝ておられ、説明しづらいときもあります。

もちろん、重大と思われる時は場所を変えて説明しています。

注意点を言う時は透析前に来て頂いて、違う場所で、場合によっては図表を見て説明しています。

普段はベッドサイドでいいのかもしれませんが、透析中だし、実はなかなかこちらが思っているよりはわかって頂けていないような気もします。

特にご高齢の方は「大丈夫」という言葉だけで安心して、その他は耳に入っていないこともあるような気もします。

また「リンが高い」という一言で頭がいっぱいになって他の大丈夫なことも耳に入っていないような気もします。

透析患者さんってどういう説明方法がいいのかなあ?

何か特別なことを言いたいときは診察室のようなベッドサイド以外の方が話しやすい環境です。

血液検査に関しては皆さん診察室で説明すると患者さんの待ち時間が多くなって仕方ありません。

必要な時に、必要な方だけ別室で説明するという方法でいいのだろうか?

たまにはスタッフとの面談というわけではありませんが、時に患者さんと時間を取って話した方がいいのかなあと考える今日この頃です。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら