漢方

2012年8月 9日 木曜日

日焼けに~自己経験例

旅行に行って海焼けをしてしまいました。

旅行の勲章や思い出とは言いながら触れるだけで痛くて、服の上からも熱が持っていて痛くて困っていました。

やはり完全なる日焼け止めとシャツの着用は必要ですね。

妻のいうことをきちんと聞いておくべきでした。

反省。。。。

そんな自分に。

局所の熱と炎症を冷ますためにリンデロンVGローション。

クリームは刺激性があるのでこの場合染みますから、ローションが一番無難と考えました。

あと日光過敏症や日焼けなどの炎症を伴う浮腫に対してツムラ越婢加朮湯を処方しました。

仕事中もかなり痛かったのですが、リンデロンローションとツムラ28番を飲んでから1日後には随分とましになりました。

このツムラ28番は炎症で燃え盛っている皮膚を冷やしてくれて、こもっている熱を体外に出してくれる作用があります。

解熱、消炎効果があります。

体験して結構いい組み合わせと思いました。

顔など全身がひどく真っ赤かの場合は黄連解毒湯も良く効きます。

虫刺されなど赤く腫れている場合にも黄連解毒湯は効きます。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら