院長の診療日記

2012年9月11日 火曜日

胆汁排泄型の糖尿病治療薬トラゼンタ

最近糖尿病治療薬もいろんな種類が増えてきていて、治療の選択が増えてきています。

その中で最近2年くらい、DPP-4阻害薬というものが注目されています。

さらにそのDPP-4阻害薬で新たにトラゼンタという初めての胆汁排泄型のお薬が発売されています。

胆汁排泄型ということは腎臓が悪くても使いやすいということになります。

便に排泄されるため、体内に余分に薬物が残りにくく、安全性が高いということです。

腎臓(尿)排泄型の薬は量を調整する必要があることと、異常に効きすぎる(低血糖)ことがあるので注意が必要です。

トラゼンタは肝臓排泄なのでその分安心感は強いです。

肝心のHbA1cは約1%低下するという発表がされています。

腎臓病と糖尿病のお持ちの方は心臓や血管を守らなければなりません。

両方お持ちの方は単独よりも心臓血管病になりやすいという報告がされています。

そのためには食事や運動をはじめとして生活習慣の見直しと必要に応じて適切な糖尿病治療薬との併用を心掛けなければなりません。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら