院長の診療日記

2013年6月20日 木曜日

☆鉄剤の注射の投与方法(鉄のお話その1)

鉄剤のお話。

TSATという鉄の利用率が20%未満+フェリチン(貯蔵鉄)100未満で「鉄剤」を開始するという指針。

これに沿って「鉄剤の注射」を行うかを決定します。

2通りの方法があります。

① 週1回ずつ、合計13回
② 毎回(週3回)、合計13回

どちらが速く鉄分が増えるか?

もちろん②の連続投与ですよね。

グラフにもあるように連続投与は4週間後にはピークを迎えて、鉄剤の中止ともに下がっていきます。

① の毎週投与はゆっくりと上がっていきます。

どちらも予想通りの上がり方ですね。

どっちがいいのか?

13回も鉄剤の投与は必要なのか?

このグラフを見ると連続投与ではピークでは500近く、毎週投与のピークは400近くになっています。

そこまでしてフェリチンを上げる必要ってあるのかどうか??

フェリチン100未満で鉄剤開始は早いのかもしれないと個人的には思っています。




投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら