院長の診療日記

2013年7月19日 金曜日

☆6か月に1回の骨粗鬆症薬「プラリア」

最近、糖尿病薬(DPP-4阻害薬、DLP-1)がどんどん新商品が発売されていますが、骨粗鬆症薬も色んな薬が発売されています。

先日、「ボナロン点滴」のお話をしました。

月1回の点滴製剤が発売されたと思ったら、次は同じビスフォスホネート製剤である「ボンヒバ」という静脈製剤が発売されます。

これも月1回ですが、点滴ではないのですぐに終わります。

骨粗鬆症の治療は継続が必要です。

糖尿病などの生活習慣病の方は採血をする機会も多いでしょう。

骨粗鬆症があれば採血時に「ボンヒバ」を同時に注射できます。

しっかりと、確実な治療が継続できるというわけです。

ただ、腎臓病の患者さんには要注意でしょうね。

また6か月に1回の皮下注射製剤という骨粗鬆症薬も発売されました。

名前は「プラリア」。

これはビスホスフォネート製剤とは違った作用ですが、骨粗鬆症による骨折予防に効果が大きく期待されている薬です。

半年に1回ということで普段の内服薬の必要もなく、点滴でもないので比較的簡単に投与できます。

さらに、効果が強いということですので非常にいい薬だと思います。

半年に1回ということで、その時のお支払いは多いですが、1日単位では、他の骨粗鬆症の薬や点滴よりも安くなります。

骨を守る、骨折を予防するは人生を守ることにもつながります。

当院でもそのお手伝いをしたいと考えています。




投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら