院長の診療日記

2013年7月 1日 月曜日

☆抗核抗体陽性になったら

腎臓病外来をやっているといろんな患者さんが来るわけですが、一番多いので「尿検査でひっかかった」という目的で来られます。

当院では尿潜血や尿蛋白や尿沈渣などを行い、さらに血液検査を行います。

腎臓病の原因にはIgA腎症なども腎炎があります。

腎炎の中には「免疫異常」である膠原病というものがあります。

膠原病の中に全身性エリテマトーデス(SLE)などが含まれています。

その膠原病を調べるのに採血で「抗核抗体」をいうものを測定します。

これが40倍未満であれば正常です。

高い方は1万倍を超える時があります。

それでは40倍は正常か、異常か?

診察すると「膠原病ぽくないのに、抗核抗体だけ40倍。。。」微妙だなあという感じです。

この抗核抗体。健常人でも約半数が40倍に出ることがあるようです。

ですから、抗核抗体陽性=膠原病ではありません。

しかし注意があります。

① 初回の場合は他の抗体検査をしておくこと。

② いまは症状がどうもなくても、発症してくる可能性があることから、2-3年は経過観察をしておくこと。

「抗核抗体陽性患者さんの対応について」書かれているサイトをご紹介します。

http://fhugim.com/?p=1276

気になる方はご覧ください。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら