感染症

2013年10月22日 火曜日

インフルエンザワクチンシーズン~痛くない皮下注射

インフルエンザワクチンは皮下注射を行います。

皮下注射の量は0.5mlと少ないですが、慎重に行っています。

できる限り痛くないように。

基本的な皮下注射は

常は上腕伸側(肩峰から三横指下のやや前面)、

または肩峰と肘頭とを結んだ線の肘側1/3の部分)と前面に行います。

刺入角度は10°~30°で注射部位を指でつまみ、素早く針を刺します。


心掛けているのは。。

できる限り皮下脂肪が多いところに。

① 肌に平行に刺すイメージで

② 針を奥まで刺さずに、

③ ゆっくりと注入。

肘の皮膚にさすと痛みが軽減するという報告もあります。

肘の皮膚をつまんで、つまんだ皮膚に注射します。

この方法もいいとは思います。

患者さんにとっては痛みがないほうがいいですよね。


投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら