院長の診療日記

2014年2月21日 金曜日

糖尿病専門医の経口糖尿病薬の処方頻度

2009年から糖尿病領域に大きな流れの変化がありました。

それはDPP-4阻害薬という新しい薬理機序を持った薬が発売されたことです。

DPP-4阻害薬(ジャヌビア、ネシーナ、エクア、トラゼンタ、スイニー、オングリザなど)が発売されたのち、糖尿病の飲み薬の処方はどう変わったのか?

糖尿病専門、専門でないにかかわらず、新しいDPP-4阻害薬の処方(図では赤)が増えています。

当然だと思います。

明らかに違いが出たのはSU役と言われる良く血糖の下がる薬の減り方です。

糖尿病専門医では約40%使用されていたのが、27%まで低下しています。

糖尿病の非専門医では減少はそんなにありません。

糖尿病専門医はDPP-4阻害薬だけではなく、ビグアナイド系の薬も増えてきています。

今、主流にある経口血糖降下薬はDPP-4阻害薬とビグアナイド製剤かもしれませんね。

色んな薬を併用しながら、低血糖を起こさず、個人個人に合わせた血糖管理が必要ですね。




投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら