院長の診療日記

2014年4月 2日 水曜日

30歳から尿酸値に気を付けよう

尿酸値の上昇。

尿酸値の上昇は痛風や尿管結石だけではなく、高血圧や腎臓病にもなりやすくなります。

尿酸値は特に男性に要注意ですよね。

尿酸値の上昇は実は30歳台が一番多いです。

その後、り患数は減少しますが、おそらく結石や痛風になって治療を開始する人が多いので、新規患者数は減るのだと思います。

腎臓病でいうと、

尿酸値が上昇するほど、腎臓病にも、さらに進んだ腎不全にもなりやすいといわれています。

8以上になったら治療を開始しましょう。

そして、目指すは尿酸値6以下です。

7.0以上が高尿酸血症ですが、いったん治療を開始したかたは6.0以下を目指しましょう。

将来への高血圧や腎不全の予防、痛風や結石などのつらい症状にならないためにも重要なことです。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら