院長の診療日記

2014年7月 7日 月曜日

潰瘍性大腸炎に対するGCAP療法

当院では潰瘍性大腸炎やクローン病に対して中核病院と連携し、GCAP療法を行っております。

中核病院で主な治療をし、当院ではGCAPという暴れている顆粒球を除去する方法を行っております。

それを吸着することによって炎症が軽減し、下痢、下血、腹痛など緩和させることを目標としています。

1クールで10回行うことができます。

1回あたり約1時間で、吸着カラムを使用します。

針を刺して、血液を採り、吸着カラムで顆粒球を吸着し、もう一方の回路から返血します。

いつから効果があるのか?

潰瘍性大腸炎の場合を下記に記します。

下の論文を見てみると5回目になると効果が発揮します。

早い方は1-2回で腹痛や下血が軽減することはよく経験します。

逆に言うと5回行っても効果がない場合はGCAP療法は中止したほうがいいと思います。

ペースは基本的には週1回ですが、下血などの症状が強いときは週1回より、週2回(下図の下ではintensive)のほうが効果が高いようです。

つらくて一日でも早く症状をマシになってほしいときは週2回、そこまで慌てることがない場合は週1回のペースで開始するのがいいと思います。

今日は透析クリニックの違う側面をご紹介いたしました。





投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら