院長の診療日記

2014年7月10日 木曜日

拡張期血圧(下の血圧)が高い方

高血圧の患者さんを見ていると、時に上の血圧(収縮期血圧)は下がったけど、下の血圧(拡張期血圧)がたかいという方がいらっしゃいます。

拡張期というのは心臓が膨らんでいる最中で本来、血管の血圧は低いはずです。

それでも高いというのは何か問題があります。

一つは心臓弁膜症。

しかし通常はそれほど頻度は多くありません。

一番多いのは生活習慣が原因となっていることが多いです。

「下の血圧がなかなか下がらない」というかたのほとんどはご高齢の方より70歳未満の方が多いです。

原因としては長期のストレス、肥満、大量飲酒があります。

これからは加齢とは別に細い血管(細動脈)に動脈硬化を進行させてしまいます。

大きな血管は柔らかく、まだ上の血圧は上がらない状態でも、小さな血管から動脈硬化を進め、下の血圧を上げてしまいます。

ストレスの除去は難しいですが、アルコールは何とか減らした方がいいでしょうね。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら