院長の診療日記

2014年7月17日 木曜日

パーキンソン病患者さんの食欲不振・胃膨満に対して

パーキンソン病の方では薬の影響や病気の影響で胃の動きが弱くなっています。

食事をしてもすぐにおなか一杯になったり、食事後おなかが重くて動けなかったりします。

これは食物が胃から腸へ排出する力が低下するわけです。

本来であれば食事を胃が砕き、消化していくわけですが、パーキンソン病の方は胃の動きが低下しているのでなかなか食事を胃で砕くことができず、上記の症状が出やすくなります。

このような症状は約30-40%の方に見られるといわれています。

そのような方に、胃の運動をよくしたり、食欲をよくする「ツムラ六君子湯」を投与した論文がありました。

ツムラ六君子湯はぐれしんという食欲を向上させたり、胃の動きをよくしたりしてくれます。

パーキンソン病の方でも六君子湯で胃の排出がよくなり、、さらに不思議にもL-ドパという薬の血中濃度まで安定させたということです。

六君子湯は食前に内服することが必要で、粉ですので頑張って飲まなければなりません。

副作用も少なく、漢方薬が飲めるのであればそのつらい症状がなくなる・減るかもしれません。


投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら