院長の診療日記

2014年11月 6日 木曜日

透析患者さんの予後~リン

透析患者さんのリンは重要ということは誰でも知っています。

透析学会では透析前のリンが3.5-6.0となっています。

しかし下の図を見ると、リンがかなり低い人はいいのですが、3.7以上の方はリン吸着剤を飲んだ方がいいという結果になっています。

通常は6.0以上になればリン吸着剤を飲んでいこうということになりますが、生命予後を考えると「4.0-5.0」がベストということを考えると、リンが5台でも早めにリン吸着剤を飲んだ方がいいと思われます。

リンは血管石灰化、異所性石灰化、かゆみなどの点から下げた方がいいということは間違いありません。

薬は多くなりますが、積極的なリン吸着剤摂取でリンを下げることは生命予後の向上につながります。

以前はカルタンだけでしたが、リン吸着剤の種類もかなり増えてきました。

患者さんの予後は「透析」を中心として、栄養、運動を重きにおいていますが、部分的に取り上げると「リン」もかなり重要なウェイトを占めてきます。

患者さんにはリン吸着剤を飲みつつ、しっかりと食べていただいて、元気に過ごしていただきたいと思っています。



投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら