院長の診療日記

2015年1月17日 土曜日

第1回透析困難症カンファレンス

16日金曜日に透析困難症カンファレンスを実施しました。

透析困難症は毎回の透析で血圧が低下し、透析時間がつらく、透析が終わっても倦怠感や血圧が低くてすぐに帰れない状態です。

我々も月13-14回患者さんに接しており、毎回の透析で辛い思いをされることはしのびありません。

そのような方は全体からすると少ないですが、透析困難症ゼロを目標にしています。

昨日は透析患者さん男性のカンファレンスを行いました。

・これまでの体重、除水量、透析中の血圧差、早め回収率、IVC・ハンプなどの体液状態

・透析終了してすぐに帰宅できているか?

・すぐに帰宅できていないときはどのような状態なのか?

・どうすれば透析困難症を脱却できるか?

などについて話をしました。

問題としては体重増加量、アルコール量(アルコール≫酢酸代謝の関与)、自律神経障害の関与が主な問題として挙げられました。

カンファレンスは話すだけではなく、話した内容をいかに実行し、調整していくかがもっとも重要です。

特に特定の患者さんを対象としているカンファレンスに関してはなおさらです。

カンファレンスをした直後、「ホット」な状態で取り組まないと、この問題はうやむやに終わって、流れていくでしょう。

そうならないようにスタッフと協力しながら取り組んでいきます。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら