院長の診療日記

2015年2月 4日 水曜日

睡眠剤ルネスタのご紹介

私は睡眠剤の内服を勧めているわけではありませんが、やはりこの世の中眠れずに困っている患者さんは多いです。

若者だけではなくご高齢の方もいらっしゃいます。

いろんな睡眠剤がありますが、基本的には依存性が少ない、マイスリーを処方してきました。

レンドルミンやハルシオンは依存性が高く、耐性が多いといわれています。

特にハルシオンは効き目は強いですが、耐性が発生し、効きづらくなってくることで有名です。

そこで新しく発売になっているルネスタは依存性が少なく、耐性が少ないということで睡眠障害のガイドラインにも記載されています。

このお薬は入眠困難だけではなく、途中で起きてしまう中途覚醒にも効果があるといわれています。

今の睡眠剤で効果がない場合変更するのも一手だと思います。

薬効でいうと

レンドルミン0.25㎎

=マイスリー10㎎

=アモバン7.5㎎

=ルネスタ2.5㎎

初めての方やご高齢の方は1㎎で開始。

他の睡眠剤の切り替える場合は2㎎に変更がいいと思います。

透析をされている方にも使用していますが、安心して使用できます。

どの睡眠剤もどうですが、朝まで眠気が残っているかどうかの確認は必要ですね。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら