院長の診療日記

2015年4月20日 月曜日

尿アルブミンを発見し、治療をしていこう。

糖尿病性腎症の病気分類が昨年変更になりました。

GFR重視よりは尿蛋白や尿アルブミン重視といえると思います。

糖尿病が怖いのは合併症です。

腎臓でいうと、高い血糖が腎臓にも悪さし、尿蛋白が出現してきます。

まずは尿アルブミンが出てきます。

この怖いところは尿蛋白が陰性ということです。

それが進行すると尿蛋白が出てきます。

糖尿病性腎症の早期発見は非常に重要です。

そのために、糖尿病の方は1度は尿アルブミンのチェックをしておいた方がいいでしょう。

私もかならず調べています。

2007年の糖尿病患者さんの統計では腎症のない方が58%、アルブミンが出現している方が32%でした。

結構な頻度であります。

アルブミンが出てくると徐々に進行してきます。

ただ、このアルブミン期はまだ回復し、陰性となる可能性も十分あるわけです。

糖尿病⇒アルブミン期⇒尿蛋白期⇒腎不全期⇒透析となります。

アルブミン期で減塩、血圧管理(RAS阻害薬、利尿剤)でしっかりと管理をしていく必要があります。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら