院長の診療日記

2015年6月 8日 月曜日

便潜血反応は透析患者さんも注意

当院では透析患者さんに対して、1年に1度、便潜血検査を大腸がん検診として行っています。

透析患者さんでは出血のしやすさ、肛門病変、憩室などにより出血することが多いを言われています。

頻度としては8-16%といわれているので、100人患者さんがいらっしゃる施設では10人くらいは毎年異常値が出ると思われます。

ある報告で、2回目の検査のうち2回ともに陽性反応(出血)が出た患者さん6名全員に内視鏡をしたそうです。

結果はなんと1名が胃癌、2名が大腸がん、2名が大腸ポリープだったようです。

人数が少ないですが、6人中3人が癌があったということです。

少数の報告なので何とも言えませんが、便潜血2回陽性は要注意です。

透析患者さんは胃癌、大腸がんの罹患率が高いので、早めに内視鏡検査を勧めています。

皆さん嫌がりますが、それで早く見つかることがあります。

何もなければ安心しますし、大腸であれば早めにポリープを取って未然に大腸がんの進行を抑えます。

頑張って受けてほしいですね。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら