院長の診療日記

2015年9月 4日 金曜日

糖尿病の腎臓病、透析患者さんにも使えるGLP-1作動薬

GLP-1作動薬は食前も食後血糖も低下する薬剤で、これまで毎日製剤ではリキスミア、バイエッタ、ビクトーザ、週1回製剤ではビジュリオンがありました。

この中でバイエッタとビジュリオンは禁忌で、その他も慎重投与でした。

その中で今月に発売される「トルリシティ0.75㎎皮下注」は透析患者さんにも使えそうです。

グラルギンインスリンと比べて、血糖降下作用が強く、HbA1cも良く下がります。

この薬剤は治験の段階で、正常な腎機能患者さん、軽度から重症の腎臓病患者さん、透析患者さんのデータがそろっていて、透析患者さんでは通常血中濃度が上がるところですが、このトルリシティではほぼ変わっていませんでした。



ということは「安全に」、かつ「週1回」で効く可能性があるということです。

自分でできない方には週1回当院で皮下注射をしてあげることもできます。

現在自分でできない方はトレシーバを毎透析毎に投与していましたが、それよりはトルリシティの方が効果があるかもしれません。

低血糖に注意しながらもこの、週1回GLP-1作動薬トルリシティは十分効果が期待できると考えます。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら