院長の診療日記

2015年9月17日 木曜日

メインテートと透析患者さん

メインテートは脈が速いとき、頻脈型心房細動、洞性頻脈の時によく使用します。

通常量は5㎎ですが、透析患者さんでは通常2.5㎎をよく使用します。

1日1回投与で効果を発揮します。

透析患者さんの場合、2回けて投与することもしばしばあります。

心不全の方にはもっと少ない量で0.625mgや1.25㎎を使用します。

この薬剤はアーチストと比べて、透析患者さんでは通常より倍の18-24時間と半減期が延長するので、効きすぎて、脈が下がりすぎないか注意する必要があります。

また透析では除去されないので、透析中の徐脈にも注意を要します。

心臓を守る、脈を下げてくれる非常にいい薬ですが、管理する我々にとっても、患者さんにとっても、脈拍数と血圧には注意する必要があります。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら