院長の診療日記

2015年10月 6日 火曜日

静脈圧上昇に対するポータブルエコーの利用

透析中によく鳴る警報として静脈圧上昇があります。

針先が血管に当たっていたりするので、押したり引いたりして、対応します。

この場合、通常ブラインドでしていました。

昨日は静脈圧上昇で警報が鳴っている患者にエコーを当ててみると、針の先端は血管内に入っていましたが、血管の膜を完全に貫通されていないため、膜が引っ掛かっており、静脈圧が上昇していました。

この場合、柔らかい外套を押しても、引いても膜を破ることはできないので、針先端だけ血管内に入っている状態には変わりなく、静脈圧は減少しません。

今までだったら再穿刺という流れでしたが、今回は、外套の中にペインレスニードル(針先が鈍)を挿入し、引っかかっているない膜を破って、再挿入しました。

すると完全に針が血管内に挿入され、静脈圧も低下しました。

ポータブルエコーは透析中のトラブルの回復の助けにもなりますね。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら