院長の診療日記

2016年3月25日 金曜日

レミッチ(かゆみ止め)の改訂

血液透析患者さん専用のかゆみ止めである「レミッチ」のいう薬があります。

透析患者さんの30-50%前後に何らかのかゆみがあると報告されており、特に夜間のかゆみがひどい方もいらっしゃいます。

睡眠不足はもちろん、精神的にもイライラして、「血が出るまで掻いてしまう」という方もいらっしゃいます。

基本的はかゆみに対してはステロイドなどの外用剤が第一選択薬となりますが、内服薬も必要となってきます。

レミッチは2週間かけてゆっくりと効いてきます。

不眠などの副作用もありますが、重篤な副作用は少ないと思います。

改訂後の注意点があります。

★透析患者さんはカリメート、アーガメートなどカリウムを下げる吸着剤を飲んでいることがありますが、レミッチと一緒に飲むと
上記のカリウム吸着剤とレミッチがひっついてしまって、レミッチの効果がなくなってしまうということなのです。

しかも!実験はその吸着率は98.8-98.9%とほとんどひっついてしまいます


患者さんだけではなく、我々、医療従事者、薬剤師も知っておくべき情報ですね。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら