院長の診療日記

2016年6月24日 金曜日

SGLT-2阻害薬とケトン体

糖尿病の治療で血糖を下げるためにSGLT-2阻害薬が新たに加わり2年近くたちます。

当初は安全性を重視し、色んな注意勧告が出ていましたが、最近では安全性が確認され、注意が必要なものの、65歳以上の方にも投与することが可能となってきました。

SGLT-2阻害薬は尿中に糖を排泄させるのでカロリーを出させるということでダイエットになります。

糖分を出させるので、体内の糖分が減少し、使える糖分が減るので、肝臓でケトン体が上昇します。

SGLT-2阻害薬で食べれなくなった場合、血中ケトン体を測定するように書いていますが、この薬自体もともと、ケトン体が上昇する可能性がある薬剤なので、どこまでケトン体を測定する必要があるか疑問です。

食べれない場合や、インスリン分泌不全がある場合、ケトン体が上昇しやすいので目安にはなります。。。

さらにクリニックの場合、すぐにケトン体の結果が出ないというデメリットもあります。

SGLT-2阻害薬を飲んでいる患者さんで食べれない場合、尿ケトンは測定しますが、血中ケトンを測定するべきかは悩みますね。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら