院長の診療日記

2016年7月11日 月曜日

Nt-proBNPの勉強会

先日、透析におけるBNPの勉強会をしました。

BNPは透析患者さんだけではありませんが、心臓の状態を把握に有用です。

特に心不全の患者さんには有用です。

透析患者さんではよくハンプを測定しますが、それはあくまでドライウェイトの評価ですので、見ているところが一緒ではありません。

以前はBNPを測定していましたが、Nt-proBNPは安定性が高く、専用容器も不要で、BNPより心不全の予知に優れているといわれてます。

一部、資料の抜粋です。

●Nt-proBNPはどうなのか?
 ・6000以上:心血管病の危険性が高くなる。
 ・8000以上:心不全入院の危険性が高くなる。
 ・9000以上:心血管病死亡率が高くなる。
 ・3桁以下ならリスクが少ない。
(参考)CKDステージ3-5:では1200以上で危険性増大 日本循環器病学会)

●ちなみに透析前なのか?透析後なのか?
 ・心不全予後予測としてはどちらでもいい報告もある。
 ・透析前の測定として報告されている例がおおい。



投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら