院長の診療日記

2016年8月26日 金曜日

たまに処方するノバミンの注意点

吐き気が強すぎて、ご飯が食べれず、日常生活に支障が強い方にたまーに「ノバミン」を処方します

ノバミンは脳のCTZというところにドパミンD2受容体をブロックして、嘔吐を抑えてくれます。

よく効く薬ですが、注意しなければならないことがあります。

ふるえや眠気にはまず注意しないといけません。

それ以外に注意しないといけないのは「アカシジア」です。

アカシジアとは

・絶えず歩き回る
・足を落ち着きなく揺らす
・立っているときに足踏みをする
・舌が出たままになる
・じっと座っているまたは
・立っていることができない

などじっとできない症状が問題となります。

結構つらい症状といわれています。

ノバミンは内服後に急激に出現することもあれば、遅発性といって3か月後に出現する場合もあります。

ですから、ノバミンはある程度嘔吐が落ち着いたら徐々に減少しながら、最終的にはやめてほかの薬剤への全面的な変更を考慮しないといけません。




投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら