院長の診療日記

2016年10月 6日 木曜日

保存期CKDの貧血管理ではミルセラ優位...

あくまでエポジンとミルセラの効果という点で考えると、

エポジンでは保存期から透析導入期にかけて投与してもHb10以下になることがよくありましたが、

ミルセラが登場してからHb10以下になることは少なくなり、貧血の管理がすごくしやすくなりましたね。

ミルセラは月1回投与ですが、月2回投与方法の方が効果は高い実感があります。

下記の図でもあるように、クレアチニンが上昇し、腎機能が悪くなってもHbは維持されていますよね。



さらに下の緑の棒グラフのとおり、あまりミルセラの量が増えていないことも注目されます。

貧血といえば鉄欠乏性貧血ということでフェリチン50以上にはしておこうということですが、

保存期の場合、経験的にはあまり鉄剤が必要となるケースは少ないように思えます。

生理出血のある女性は別ですが、鉄を失う状況は少なく、限りある体内の鉄分で循環しているようにも思えます。

ただ、もちろんESAを使用しだすと鉄の利用効率は上昇するので、きちんを血液検査することは必要ですね。


保存期のHbを管理することによって、その後の心血管イベントの発生も抑制するといわれています。

保存期のHb管理は透析になってからも影響してくるので、ミルセラを含め適正なコントロールが必要になってきます。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら