院長の診療日記

2016年10月12日 水曜日

麦門冬湯による風邪ひき後の咳の治療

久しぶりの漢方薬の話。

風邪ひいた後に咳だけ長引く人が多いですね。

ですから鼻水、のど痛みなど風邪を引いた段階で、たとえ、咳がなくても、うがいをしつこくするように説明しています。

そうしないと後で咳き込む方が多いからです。

実際咳き込んだら仕方ないので、

咳止めや痰切れや時に吸入薬を使いますが、

漢方薬も有用なことがあります。

特に乾いた咳、夜の咳、話しているときに息を吸い込むと咳が出るなどの時。

麦門冬湯を投与すると2日後にはだいぶ咳はマシになるようです。




また、下記のデータでは通常のせき止めより2日後には有意に咳がましになるようです。




ということはおおよそですが、麦門冬湯は2-3日して効果が乏しければやめて、効果がある人は継続すればとても恩恵のある薬といえるかもしれません。



投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら