院長の診療日記

2016年11月21日 月曜日

2型糖尿病の慢性腎臓病の血糖変動

2型糖尿病で慢性腎臓病など腎臓合併症のある方は血糖はどうなるのか?

腎臓が悪くなるにつれて、HbA1cはよくなってきます。

経口血糖降下薬やインスリンがなくなってしまうことがあります。

理由は尿から出るはずのインスリンが長い時間体内に残ってしまうため、血糖が下がりやすくなります。

そのために、腎機能が悪くなると逆に低血糖になります。

ただ、あくまでかなり進行した腎臓病患者さんの場合で、通常はHbA1cが高い患者さんも結構いらっしゃいます。

下の図のように慢性腎臓病があると血糖の変動幅(MAGE)が大きくなります。


血糖の変動幅は心血管イベントにも関係するので、是正する必要があります。

私は腎機能が悪くても使用しやすいDPP-4阻害薬、ときにはDLP-1アナログを使用しています。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら