院長の診療日記

2016年11月23日 水曜日

こういう図を見ると

透析ではカルシウム、リン、インタクトPTHが非常に大切です。

下の図をはそれぞれの数値と死亡の危険度を見たものです。



左のリンに関しては4.0-5.9

真ん中のカルシウムに関しては8.6-9.0

右のインタクトPTHに関しては120-300

一番狭い範囲でコントロールしなければならないのはカルシウムということになります。

しかも結構低めの範囲ですね。

リンに関してはガイドライン範囲内です。

PTHに関してはやや高めですね。

このような図を見るとカルシウムの調整が難しいことがわかります。

低すぎても不整脈のリスクが出るし、高くても血管石灰化になりやすくなります。

透析液中のカルシウム濃度の調整も必要ですが、やはりシナカルセットをうまく使っていく必要がありそうですね。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら