院長の診療日記

2017年2月 3日 金曜日

ファインフラックスでSPPが安定?

ある報告で、透析のHDF膜であるファインフラックス(ATA膜)で透析中のSPPが安定したという報告があります。

SPPは足の血流を評価する検査で、足潰瘍の治療の効果や治療効果が期待できるかとか、末梢の血流量を評価します。

PS膜という透析膜に比べて、ATA膜は有意に透析中のSPPを安定させたということは血流が確保されているということです。

抗炎症作用がほかの透析膜よりも強いのか?

そのため、血管透過性が少ないので血流が確保されているのか?

血小板の活性を抑えられるからなのか?

理由はわかりませんが、末梢組織への血流維持が期待できそうですね。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら