院長の診療日記

2017年5月13日 土曜日

尿酸のお薬と利尿剤

高血圧の治療薬は降圧剤を使用しますが、時に利尿剤を投与することがあります。

利尿剤は尿に塩分を排泄させてくれるので、降圧剤として有効なことがあります。

尿酸との関係については?

利尿剤を投与すると、腎臓での尿酸の排泄が低下します。

尿酸は文字通り腎臓から排泄されるのですが、尿酸の排泄と競合してしまって、排せつが低下してしまいます。

そのため、体内の尿酸値が上昇してしまいます。

尿酸が高いということで、痛風や結石、腎障害の危険性は増えてくるわけです。

理由は何であれ尿酸値が高いので何らかの対応をしなければなりません。

尿酸の薬をはじめるか、利尿剤を中止するか?

尿酸値を始める場合、機序からは尿酸排泄を促すユリノームを使用するのも一つだと思います。

最近、尿酸産生阻害薬のフェブリクで利尿剤のせいで尿酸値が上昇した場合でも、尿酸値は有効に低下すると報告されました。

40㎎まで増量するとほどんどの症例で6以下になったようです。

排泄障害であってもフェブリクも有効なのですね。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら