院長の診療日記

2017年6月 9日 金曜日

ベンゾジアゼピン系睡眠薬と認知症

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は睡眠薬で一般的によく使用されている薬です。

高齢者では認知症になりやすいかどうか?という話はよく耳にします。

議論はあるところですが、

ある海外の有名な雑誌では66歳以上の高齢の方がベンゾジアゼピン系睡眠薬を内服すると認知症のリスクが上昇しやすくなるようです。

特に、6か月以上の長期服用するとそのリスクは増えるようです。

さらに、短時間作用型と長時間作用型に分かれますが、長時間型のほうがやや認知症の発症リスクが増えるようです。

高齢者のベンゾジアゼピン系睡眠薬=認知症ではありません。

しかし、安易な睡眠剤の長期内服はやはりリスクは増えると思われます。

夜間の転倒、骨折のリスクも増えますし、適切な使用を心掛け、長期的な使用はできる限り控えたほうがよさそうですね。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら