院長の診療日記

2017年7月17日 月曜日

ピートルとpHの関係

ピートルは透析患者さんで使用される薬剤で、リンを低下させます。

またこの薬には鉄が多く含有されているので、鉄欠乏性貧血にも有用ですので、1つの薬剤で2つの効果が期待できます。

飲めば飲むほどよく下がり、1錠ずつ(250㎎×3回)では1.8低下し、最大の1000㎎×3回では3.8もリンが低下します。

リン吸着剤の場合、胃のpHによる影響が懸念されます。

以前から有名なのが炭酸カルシウム。

H2拮抗薬などの胃酸を抑える薬を飲むと効きが悪くなるという話。

ガスターやタケプロンなどの胃薬ですね。

キックリンやレナジェルは大丈夫そうです。

しかし、ランタンは要注意かもしれません。

ピートルは大丈夫そうです。

あくまで試験管レベルの話ですが。。。

実際はランタンもよく効いていると思います。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら