院長の診療日記

2017年8月 8日 火曜日

透析患者さんのピロリ菌治療

透析患者さんにもピロリ菌治療をしますが、用量を減量する必要があります。

・胃酸抑制剤
タケプロンやタケキャブやネキシウムなど→容量そのまま

・抗生剤
アンピシリン→通常は1500㎎を750㎎(透析で抜けるので、透析後に内服)
*500㎎という報告もあります。

もう一つの抗生剤
クラリスロマイシン400㎎を200㎎に減量

つまり、抗生剤半量となります。

除菌成功率は

PPIを使用した場合一時除菌では80%くらいでしょうか?

タケキャブを用いた場合90%とも言われています。

ただ、クラリスロマイシン耐性菌というものもあり、その場合はPPIを使用した場合は、40%とかなり低下します。

しかし、タケキャブを用いた場合は80%くらいとタケキャブを用いたほうが、CAM耐性を問わず成功率が高いようです。

透析患者さんでも除菌率はほぼ同等という報告があります。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら