院長の診療日記

2017年12月17日 日曜日

腎臓リハビリテーション~12月16日神戸新聞より

16日土曜日の神戸新聞で腎臓リハビリテーションについての記事が掲載されていました。

透析患者さんに対しては安静を重要視されていましたが、近年、心臓リハビリテーションと同様、運動していったほうが生命予後がいいと報告があります。

生命予後というのは命の長さということにもなりますが、もちろん動ける体を維持して行く期間が長くなると解釈してもいいかと思います。

高血圧や糖尿病には薬がありますが、運動機能を高める薬はありません。

起き上がる、立ち上がる、歩くなどの筋力、筋持久力は生きていくうえで大切なことであり、これらの低下は自分自身が常日頃実感してくるものです。

「だんだんと立つのができにくくなった」

「歩く速度が遅くなった」

など、他人ではなく、自分で実感していきます。

これらに対しては運動をしていくしかありません。

歩くのもよし、ラジオ体操、サイクリング、水泳、ゴムを使っての大層でもいいですし、介護サービスを利用している方は通所あるいは訪問リハをされてもいいと思います。

「じっとしているほうが何事もなく無難である」ということも一理ありますが、その時はよくてもだんだんと筋肉は弱ってきます。

心臓や血圧などの問題がなければ運動は推奨します。

透析中の運動療法もありますが、できれば透析ない日の運動をしていただきたいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら