院長の診療日記

2018年8月 9日 木曜日

多剤併用(ポリファーマシー)の問題

透析患者さんは血圧の薬やリン吸着剤の薬などたくさんの薬をもまれています。

平均6.7錠ということですが、もっと多いかもという印象を持ってしまいます。

日本人は外国と比べて、飲み忘れが少ないといわれていますが、それでも3分の1の方は飲み忘れがあるといわれています。

リンの薬は特に量が多く、飲み忘れをしやすいといわれています。

ポリファーマシーの点から考えると

リンの薬で大切なことは

①錠剤数が少なくて、効果が高いこと

②透析患者さんが飲みやすい剤型にすること

③透析患者さんに多い便秘が少ないリン吸着剤であること

だと思います。

リンの薬が多いということでポリファーマシーという点からは問題になりますが、

その一方で、リンの薬をきちんと飲みながら、食べるものをしっかりと食べることによって、栄養を維持でき、生命予後も向上するとも言われています。

大切なことは、必要な薬を必要な分だけ適切に処方することだと思います。

その中で、患者さんここに合わせ、患者さんが飲みやすいであろう薬剤を選択することが、ポリファーマシーの問題対策にもなり得ると思います。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら