院長の診療日記

2018年11月30日 金曜日

非アルコール性脂肪性肝疾患

脂肪肝はアルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)があります。

NAFLDの多くは肥満やメタボリックシンドローム等を基本とし発症します。

飽食の時代である現代においては肥満やメタボリックシンドロームが悪化し、脂肪肝の頻度は高いと言われています。

脂肪肝は糖尿病、心筋梗塞や脳梗塞などの血管病のリスクとなるので注意は必要です。脂肪肝を軽視してはなりません。 治療の基本は食事と運動療法になります。体重を3%減らせば、肝臓の脂肪変性が消失すると言われています。

減量と言うのは非常に難しく、離脱することも多いですが、根気よく続けて、運動習慣や食事を習慣化してしまうことが大切だと言われています。

運動して減量することを期待しますが、体重だけではなく、良質な筋肉を作っていくことも大切なことです。

糖尿病を合併する場合には、薬物療法と併用することがあります。

脂肪肝を伴った糖尿病の場合、商品名アクトスというインスリン抵抗性改善薬が有効だと言われております。

それ以外の薬剤に関しては現在のところ、十分なエビデンスがまだないと言われています。

いずれにせよ、脂肪肝が多いと言うことが間違いありません。適切な食事、適切な運動を心がけていきましょう。



投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら