院長の診療日記

2018年12月19日 水曜日

インフルエンザの薬

2000年にリレンザが発売され、その後タミフル、2010年にはラピアクタ、イナビルが続々と発売されました。

今年5種類目のゾフルーザというインフルエンザの薬が発売されました。

ゾフルーザはこれまでの薬と異なり、細胞内でのインフルエンザウィルスの増殖を抑えるものです。

ニューイングランドジャーナルという世界でも有数の論文では、タミフルと比べてウィルス排出速度が1日早く消失すると言う報告がありました。

これは、患者さんの自覚症状も、楽になるのが早くなるなどの効果が期待されます。

しかし、一方で、ゾフルーザは成人で、A型のH1N1 2.2%、H3N2 9.7%、小児でH3N2で約23%に変異が認められるという報告がされています。

これは、今後、インフルエンザA型での変異・耐性ができやすく非常に心配されるところです。

ただ、B型に関しては報告がなく、一般的にはB型自体がA型よりも治る期間が約1日遅く、症状も強いことから、ゾフルーザはインフルエンザB型ウィルスにとっては非常に有用になるかもしれません。

インフルエンザも流行期に入りましたね。

現在のところ、A型が中心とされています。

幸い、加古川市は今のところ流行レベルには達していません。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら