院長の診療日記

2019年2月 6日 水曜日

インフルエンザ時の異常行動

インフルエンザの患者さんでは、

抗インフルエンザ薬の服用や種類にかかわらず、異常行動について注意喚起されています。

①就学以降の小児や未成年の男性に多い

②発熱から2日以内に発現することが多い

特に転落には要注意とされています。

上記①②を記しましたが、2日以内というのは少なくともということになりますし、性別も女性にも報告があるのでいずれにしろ注意が必要です。

加古川市も週報では定点当たり55.43人となっています。

99%がA型となっています。

はじめは「インフルエンザに罹った。どうしよう」

となっていますが、流行するにつれて

「やっぱり、インフルエンザか」となります。

流行前に罹患しても、流行中に罹患しても、インフルエンザには変わりありません。

異常行動の可能性について、ぜひとも頭には入れておいてほしいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら