院長の診療日記

2019年5月28日 火曜日

新型インフルエンザ

H5,H7新型インフルエンザ

季節性インフルエンザと異なり、ウイルスの増殖期間も長く、死亡率も2-5割と高率です。

新型に免疫がなく、増殖期間が長いために重症化や薬剤耐性も心配されますね。

基本的にはタミフルなどの抗インフルエンザ薬が投与されると思いますが、1シーズンで体制が報告されるゾフルーザを含め耐性が心配ですね。

耐性が生じないアビガンは最終兵器として残されると思れますが、そうならないことを祈っています。



投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら