院長の診療日記

2019年7月19日 金曜日

飲酒のあとの血糖変動

飲酒後、しばらくするとやたらとおなかがすくことはないですか?

アルコールを飲むと、肝臓での糖新生やグリコーゲンの分解が抑えられるので血統が手癒しやすくなります。

特に、大量の飲酒をするとその傾向が強くなります。

飲みに行った後に、ラーメンで締めるというのも、血糖が低下傾向にあり、それを満たしてくれるのかもしれませんね。


適量の飲酒はインスリン抵抗性や耐糖能を改善させるといわれています。

実際、ビールなど飲んだ後の血糖は食後血糖も下がります。(あくまで適量の話)

ですので、糖尿病の患者さんで、インスリンを分泌させる薬剤【SU剤】やインスリンを使用している患者さんは低血糖に注意ください。


(追記)適量の飲酒は血糖を改善するという報告はありますが、飲酒しているときの血糖は下がるものの、インスリンはしっかりを分泌されます。

インスリンの分泌が多くなると肥満につながることがあり注意は必要です。

脂肪肝などになると長期的にみると糖尿病になるので油断しないでくださいね。


投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら