院長の診療日記

2019年10月11日 金曜日

早めの介入を

認知症患者には初期に関わり合いが大切です。

初期には拒否的で受け入れることができないような方、家族もいらっしゃいますが、なるべく進行を遅らせることが必要と思われます。

認知機能が低下すると自発性の低下から生活活動度が増え、生活リズムが崩れます。

下肢の筋力が低下しサルコペニア、フレイルへ進行していきます。

うなると転倒、骨折のリスクが上昇します。 夜間不眠になり骨折することもあります。

早めに介入して、介護保険を利用しデイサービス、リハビリ、訪問サービスを利用し、生活リズムを作ってあげることも大切だと思います。

投稿者 きたうらクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら