ブログ

2017年11月13日 月曜日

加古川医師会70周年記念式典

11月11日土曜日に加古川医師会70周年記念式典に参加してきました。

開業医中心ですが、多数の先生がご参加されていました。

私はまだ開業して5年ですが、なかには30年、さらに50年も開業医としてご活躍されている先生がいらっしゃいました。

38歳で開業した私としては30年目で68歳、50年目で88歳になります。

先の長い話ですが、1日1日地道にやっていくことにはおそらくどの先生も変わりないことだと思います。

来賓も豪華で国会議員、市長、町長など多数の方が来られていました。

さすがに話はお上手ですね。

普段話をしない先生方や久しぶりの先生ともお話ができてとても楽しかったです。

まだ、開業医5年目ですが、加古川市医師会の歴史を少し垣間見ることができました。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年11月 4日 土曜日

急性上気道炎にナウゼリン、プリンぺラン?

救急当番をしていると急性胃腸炎で、吐き気止めが必要な患者さんが数名いらっしゃいました。

もちろん吐き気とか嘔吐の場合です。

電子カルテを終了するときに、各薬剤に対して病名を記載する必要があり、病名リストが羅列されます。

その時にナウゼリンやプリンぺランでは消化管障害や慢性胃炎などもあるのですが、「急性上気道炎」も列記されています。

これまで急性上気道炎でナウゼリンやプリンペランを処方したことはありません。

作用機序を考えても上気道炎には当てはまらない気がします。

ただ、よく見てみると大人ではなくて、子供の場合だけ「急性上気道炎」は当てはまるようです。

子供の場合、胃腸炎に、風邪を併発することはよくあります。

そういう意味で使うのでしょうかね。

ナウゼリンを処方して、急性上気道炎の保険病名だけで査定されないかどうかは不安はありますね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年11月 3日 金曜日

11/3救急当番

今日は2市2町の救急当番日です。

発熱など風邪の方や腸炎の方が多かった印象です。

気管支炎や肺炎を疑わせる方々もいらっしゃいましたが、冬ほど患者さんは多くなく、49名でした。

38-39度以上の発熱の方も結構いらっしゃいましたが、インフルエンザ迅速検査はすべて陰性でした。

9月くらいに一時陽性反応を示したのですが、この地域ではまだ流行してない印象を受けました。

これまでの休日当番は30名前後でしたが、今日は49名ということもあり、これから風邪など引く患者さんが増えてきそうな気がします。

治療は早め早めが肝心です。

今日は透析もあったので両方気になりながらも、救急当番ということもあり、どうしても救急患者さんに手が回ります。

透析のスタッフはベテランぞろいなので安心して任せていました。

本当に頼もしい限りです。

外傷の患者さんも手伝ってくれたし。

内科の看護師や受付の4人もよく頑張ってくれました。(まだ終わっていませんが)

祝日でゆっくりと家族で過ごしたいという気持ちもあったでしょうけど、快く救急当番を引き受けてもらって感謝しています。

つくづく医療は一人ではできないことを実感しますね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年9月27日 水曜日

「醫」の文字のもたらす意味

「医学」という文字を「醫学」と使用している雑誌があります。

その字を見て何も考えることなくいたのですが、

日本臨床内科医会会誌平成29年9月号にこのような論文が掲載されていました。



この「醫」に隠された三位一体の意味。

技術、奉仕、祈りや癒し。

医師として患者さんに治療を施す際の心構えとして非常に大切な意味を成していると初めてわかりました。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年9月22日 金曜日

地域包括センター南かこがわ研修会

9月21日に地域包括支援南かこがわ研修会の講演を行ってきました。

尾上公民館に行きました。

浜国道の池田の交差点を南に行ったことはなかったので、小さな道だと思っていたのですが、スーパー、ホームセンタはあるは、温泉まであって、すごく大きな商業地域になっていで驚きました。

歩いて移動するもの大変かなあと思うくらいの大きさでしたよ。

そのエリアを突き抜け、公民館に足を運びました。

「腎臓病と透析での注意点」について話をしてきました。

慢性腎臓病とその治療内容など一般的なことから症例を提示しました。

透析に関しては血液透析、腹膜透析、腎移植の話から、最近話題の運動療法も話をしました。

今回は、介護職員の皆様を対象としているので、実際に介護関係で困った症例や透析でのデータの見方、カリウムやリンについての話もしました。

また、シャントの注意点についても話をしました。

60分間話して、その後質疑応答に入りました。

色々な質問を頂きました。

実際経験のあった利用者様を通しての疑問点

透析患者さんを受け入れるためにはどうしたらいいのか?

水分管理についてなど。

約30分間でたくさんの質問を頂きました。

通常ですと質疑応答はそこまで時間をとらないものですが、驚いたのは皆さん別々の事業所なのに連携が取れているのか、非常に和気あいあいとして一体感のある雰囲気を感じました。

「透析」となると慣れていない方は医療従事者でも介護職員でも敬遠される方は残念ながらいらっしゃいます。

それを少しでも考えを変えていただけるように努めていきたいと思っています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら