ブログ

2019年8月15日 木曜日

台風襲来と透析スケジュール

台風10号がもうしばらくしたら近畿に最も近づいてきます。

今のところは小康状態で風や雨も強くなく、いよいよ来たかという雰囲気もありません。

患者さんも無事に変えてやれやれですし、スタッフも安全の帰宅させる必要もあります。

電車で来るスタッフは運休の可能性が高かったため事前に休ませました。

台風による透析への影響は運、不運はあります。

今日は幸い木曜日で1クールの透析です。

もし、今日が金曜日であれば午後から透析があり、午後の透析患者さんが終了する時には荒天の可能性が高く、帰宅困難になるかもしれませんし危険な状態になります。

今回、当院では幸いでしたが、日本のどこかでは今日昼から透析、夜も透析という医療機関もあるでしょう。

事前にスケジュール変更など行っているかもしれませんが、

実際、木曜日午後の患者さんを全部、翌日や前日に振ることは不可能だと思います。

おそらく、そのままスケジュール通りに実行せざるを得ないのでしょう。

まだ、台風は10号です。

これからまた発生するでしょう。

昨年の9月のこともあります。

「何とかなる」と思いながらも、慎重な判断は常に必要だと感じています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年8月13日 火曜日

お薬だけほしいんですけど

外来をしていますと、

「急いでいるので、お薬だけでもらえますか?」

という問い合わせは来ます。

外来で混んでいるときなどは1時間待つ時があります。

「急いでいて用事があって、待つ時間はないし、かといって薬がないと困るし・・」

というお気持ちはよくわかります。

ただ、処方するためには「診療行為」が必要なのです。

医師法20条には

「医師は自ら診療しないで治療をし、もしくは診断書もしくは処方箋を交付し...」というように法律で定められています。

我々も法に従わないといけませんので、

「薬を出すには診察が必要なんです」とお答えするしかないのです。

意地悪をしているわけでは全くなく、仕方ないのです。

お急ぎの方は極力早めに見るようにしていますが、混んでいるときはご容赦いただきたいところもありますね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年8月 6日 火曜日

笑顔の裏に

全英オープンゴルフで渋野日向子さんが見事優勝しました。

一夜にしてヒロインとなった彼女は「スマイリングシンデレラ」と称賛を浴びています。

「笑顔」という言葉がい非常に印象的であるが、

インタビューでは、

「この4日間は本当につらかったので。

笑っていたけど、気疲れが半端なかった。

何回、疲れた、帰りたいと言ったか。」

と述べていました。

このことは、笑顔、笑うことにより自分の力をさらに強いものとし、

自分の持っている力を存分に発揮し、

さらには、周囲をも魅了する原動力となったような気がしました。

畑違いではありますが、

医療でも「笑顔」は非常に大切です。

特に医療従事者は患者さんに対して安心感を持ってもらわなければなりません。

笑顔にも、ほほえみから大笑いまでいろいろとありますが、

内心どうであれ、無理にでも笑顔を作りつづけることで、

自分自身の意識も変わり、医療従事者として素晴らしい人間になるのではないでしょうか。

患者さんに怒ることは論外として、

「笑顔のない真顔」、「愛想のない表情」よりも

状況に応じた「スマイル」、

たとえ、自分の中で、それが無理な作り笑いであったとしても、

患者さんにとっては何よりも安心する、大切なものではないだろうか?

と記事を読みながら思っていました。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年8月 6日 火曜日

最近帯状疱疹をよく見かけるような

帯状疱疹は皮疹もそうですが、その後の痛み、帯状疱疹後疼痛(PNH)で困ることが多いです。

2016年から帯状疱疹ワクチンが50歳以上の方に対して予防発症効果に追加されています。

確かに、ワクチン接種したほうが発症率や発症したとしても悪化する重症度も低いと報告されています。

PNHに関してもワクチン接種したほうが、発症率はかなり低いとされています。

では、PNHをすでに発症してしまった方に対して、ワクチンを打っても効果があるのか?

これは効果がないようで、痛みに対しては、リリカ、タリージェ、ノイロトロピン、漢方薬、三環形抗うつ薬などが中心となると思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年7月24日 水曜日

老衰が死因の第3位

2001年以降老衰の死亡原因が増加しており、2018年に第3位となりました。

僕が研修医だったころは、何となく老衰かなあと思う方に対しても、老衰というものは自然なものなので死亡理由に当たらないと思っていました。

心不全など何かしらの一般的によくある病名をつけていたように思えます。

また、老衰という診断名に違和感を覚える家族もいらっしゃった時代かもしれません。

しかし、時代は変わってきたように思えます。

老衰という自然死を受け入れていく時代になってきたように思えます。

特養でも仕事をしていますので、私も実際の利用者さんと接していると「老衰」を言葉が適切ではないかという場面も遭遇します。

特養は病院とは違って生活する場ですので、なおさら『病名らしい病名』ではなく、「老衰」という言葉を選択してしまうのかもしれません。

80-90歳の方々がほとんどで、ゆっくりではありますが、人間ですからどなたも衰えてきます。

仮に、どなたかが「心不全」でなくなったとしても、「老衰」というものがベースにあるので、穏やかに「老衰」で亡くなられたと解釈してもいいのではないかと思っています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら