動脈硬化

2017年6月19日 月曜日

コレステロールは食事で下がるのか?

これは議論があると思います。

食事で下がることもあれば下がらないこともあります。

コレステロールが多い食事をとると、体はバランスを整えようとし、肝臓でのコレステロールの合成を減らそうとします。

さらに、余分なコレステロールは胆汁酸となり体外に排泄させようとします。

しかし、、、

やはり体もすべて調整できるわけではありません。

食事が行き過ぎるとコレステロールは上昇します。

食事由来のコレステロールは全体の20%と言われており、残り80%は肝臓で生成される内因性コレステロールと言われています。

その20%といえども、食べすぎはいけません。

バター、ラード、生クリーム、洋菓子などの飽和脂肪酸、お菓子、マーガリン、揚げ物などのトランス脂肪酸。

実際、間食をやめてLDLコレステロールがかなり低下した患者さんもいらっしゃいます。

60歳以上の女性は下がりにくいかもしれませんが、上記のことを抑えることは動脈硬化伸展の予防にもなります。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年6月 5日 月曜日

食後の高い中性脂肪

最近、動脈硬化を惹起する因子としてスモールデンスLDLというものが注目されています。

このスモールデンスLDLは粒子が小さく、血管内皮に侵入しやすいようです。

LDLの粒子径を決める最も影響する因子が中性脂肪です。

つまり、中性脂肪が高いと、スモールデンスLDLができやすくなります。

高い中性脂肪は動脈硬化に影響するので要注意です。

また、中性脂肪は食後に上昇するので、血液検査では当然、基準値より高くなります。

では食後でどれだけ高いとよくないのか?

空腹時では150未満が目標値ですが、海外では食後175以上になると異常値と記載されている報告もあります。

中性脂肪は食後が高いということが当たり前ではなく、食後高くても注意は必要なのですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年1月18日 水曜日

尿酸と動脈硬化

尿酸といえが痛風ですが、最近では尿酸といえば動脈硬化とか腎臓病とか高血圧という風に考えが拡大されてきています。

尿酸血が上昇すると尿酸自体が血管内皮細胞に悪さしたり、関係のある酵素XOR)がNAを不活性化し、ダブルで血管内皮細胞が障害されます。

血管内皮細胞が障害されると高血圧になったり、動脈硬化の原因になったりします。

つまり、尿酸が高いのは高血圧や糖尿病と同様動脈硬化の原因になります。

尿酸血の場合、特に深夜から早朝時にXORの影響で血管内皮障害が進行されるとも言われ、一日として尿酸血を管理する必要があります。

高尿酸血症の治療目標は6未満といわれていますが、このような血管内皮細胞や腎障害を予防しようと思うと、4-5くらいに厳格に下げた方がいいとも言われています。

尿酸治療薬が増えている現状を考えると、今後、尿酸治療は大きく変化してくるものと思われます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年4月13日 水曜日

ロトリガは中性脂肪が高いほどよく下がる。

ロトリガは中性脂肪を下げる薬で、EPAとDHAが配合されています。

中性脂肪を下げるだけではなく、サプリメント的な側面も持っているともいえます。

大量のDHAが入っていますからね。

ただ、保険では中性脂肪が高い方だけが適応となります。

中性脂肪が300-500と高い方は結構いらっしゃいます。

透析でも肥満傾向にある方はいらっしゃいます。

中性脂肪が高いときはフィブラート系を処方しますが、透析や重篤な腎機能障害の方は禁忌です。

そのような時にロトリガを処方します。

下記の結果は透析患者さんのデータではありませんが、ロトリガ1日2回飲むと1日1回より中性脂肪は明らかに低下します。

中性脂肪高い方は1日2回必要ですね。



投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年3月 8日 火曜日

透析患者さんの足病変の重症化予防を重視

今年4月に診療報酬改定があります。

診療報酬が医療側にとって有利になる話はないと思いますし、透析業界にとってはかなり厳しい改訂になりそうです。

しかし、国が決めたので仕方ありません。

落ち込んでも仕方ないですから、前向きに考えるしかないですね。

この4月から透析患者さんの足病変の重症化予防の加算がつくそうです。



ABI0.7以下、SPP40以下というと当院ではあまり患者さんはいません。

しかし、このような患者さんはかなり足の血管の具合がよくないので、基幹病院に紹介し、治療をしてもらった方がいいでしょう。

つまり、連携しながら治療を勧めていった方がいいと思います。

単に検査だけで引っかかるというのではなく、基幹病院の連携して治療をしていくというところがみそでしょうね。

末梢動脈疾患の頻度は多く、足壊疽やQOLの低下につながるので、医療側に、このような加算がつくことによって、注目度があがり、患者さんに反映される流れとしてはいいことだと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら