感染症

2017年11月19日 日曜日

インフルエンザの流行はまだか

10月末くらいから急に寒くなってきましたね。

インフルエンザも心配です。

ただ、最近内科の外来では風や席で来られる患者さんはいても、高熱の患者さんはあまり来ていません。

世の中のインフルエンザの発症はどうなっているのか?

流行発生を示す定点当たりの発生数は1未満で、まだ流行はしていない様子です。
(ちなみに10以上が注意報、30以上が警報レベル)

ただ、10月末くらいから徐々に患者数は増えている傾向です。

稀ですが兵庫県下で学級閉鎖や学年閉鎖があるようですね。

ことしは寒くなるのが早く冬も厳しいということから12月中旬などお子様の2学期終業式前くらいなどに流行してくるかもしれませんね。

個人的にはインフルエンザにしろ、胃腸炎にしろ流行してほしくはないというのは毎年思います。

ワクチン接種のまだの方はそろそろ打ったほうがいいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年11月16日 木曜日

パンジェノタイプのHCV治療薬の登場

C型肝炎治療薬にまた新しい治療薬が発売されます。

商品名はマヴィレット配合錠です。

マヴィレットはC型肝炎の方では8週間、肝硬変では12週間使用します。

この薬の特徴は今までの治療役と一番違うのはパンジェノタイプと言って、1,2型だけではなく、3型にも使用できることです。

いままでは3型で有効な治療薬、報告がなかったようですが、このマヴィレットは1、2型ほどではありませんが十分なウイルス消失率が報告されています。

また、リバビリンで副作用のあった方にも優れた成績で使用できる薬剤です。

もう一つは透析されている方や重度腎障害の方にも使用でき、未治療の1,2型タイプのC型肝炎の方では12週後のウイルス消失率は100%だったと報告されています。

これまでもスンベプラ+ダグルインザなど透析患者さんにも使用できる薬剤はありましたが、このマヴィレットによりさらに幅が広がったといえます。

HCV治療薬で恩恵を受ける方が多くなり本当にうれしく思っています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月27日 金曜日

オーストラリアでインフルエンザ流行

オーストラリアでインフルエンザが流行し、死亡例も出現しているようです。

インフルエンザA型香港型の亜型のようですね。

南半球でも毎年インフルエンザは発生するようですが、あまりワクチンは打たないようです。

日本は比較的インフルエンザワクチン接種率は高く、香港型もカバーしているので、ワクチンが有効であれば十分対策できると思います。

外来ウイルスに対しては水際対策をしていらっしゃいますが、国内に入ってくる可能性は十分にあります。

当院でも先週から摂取していますが、寒いせいか例年より皆さん早く打たれています。

予約もほぼなくなってきました。

インフルエンザワクチンの生産数が減産しているとニュースがあるからかもしれません。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月16日 月曜日

インフルエンザワクチン接種開始

今年も10月16日からインフルエンザワクチンの接種が始まりました。

ワクチン数が少ないので在庫も減っています。

今年は夏のインフルエンザも例年より多く、昨年に比べて寒暖差がひどいので流行が心配されます。

予約に関してはかなり埋まってきており、土曜日はもうすでにいっぱいです。

インフルエンザ流行する前に打っておきましょう。

例年、インフルエンザ流行の方とインフルエンザワクチン接種の方とが外来で混同するような時期がありますので早め摂取を心掛けてくださいね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年9月13日 水曜日

インフルエンザ発生

透析患者さんではありませんが、インフルエンザA型が早くも発生しました。

一部報道にもありましたが、まさか陽性になるとは思っていませんでした。

昨年のインフルエンザは9割弱が香港A型、B型は9%で新型A型はあまりいなかったようですね。

A型が40歳以上に多く、B型が40歳未満に多かったようです。

また、A型はあまり熱が出なかった印象があったようですが、実際、報告でも発熱が乏しいA型インフルエンザが多かったようです。

ワクチンの有効率に関してはやはり9歳以下に多く認められ、20-30歳代にも効果があったようですが、そのほかに関しては有効率が高いとは言えない状況のようですね。

昨年、香港型が流行したので新型が流行するのか?

できれば流行してほしくありませんが?

治療薬としてはイナビルの処方率が増えているようですね。

イナビルは、A型もB型にも効果がありますね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら