感染症

2019年2月 7日 木曜日

ゾルフーザの耐性株の出現(138T変異)

先月下旬に、ゾフルーザの耐性株の報告がありました。

以前よりゾフルーザのA型に対する変異が問題視されていましたが、今回、小児2名から耐性株の出現が報告されたようです。

人から人への感染の伝播ではなく、

ゾフルーザ投与後に、体内で増殖した可能性が高く、

ゾフルーザのみに感受性が低下し、他のノイラミニダーゼ阻害薬に対しては感受性があったようです。

今回は、AH3亜型での報告であり、H1N1pdmやB型での報告はありません。

個人的にはB型であれば、使用できると思っています。

全ての例に効果がないというわけではありませんので誤解のないようお願い致します。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年2月 6日 水曜日

インフルエンザ時の異常行動

インフルエンザの患者さんでは、

抗インフルエンザ薬の服用や種類にかかわらず、異常行動について注意喚起されています。

①就学以降の小児や未成年の男性に多い

②発熱から2日以内に発現することが多い

特に転落には要注意とされています。

上記①②を記しましたが、2日以内というのは少なくともということになりますし、性別も女性にも報告があるのでいずれにしろ注意が必要です。

加古川市も週報では定点当たり55.43人となっています。

99%がA型となっています。

はじめは「インフルエンザに罹った。どうしよう」

となっていますが、流行するにつれて

「やっぱり、インフルエンザか」となります。

流行前に罹患しても、流行中に罹患しても、インフルエンザには変わりありません。

異常行動の可能性について、ぜひとも頭には入れておいてほしいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年1月27日 日曜日

インフルエンザ予防的投与に対して思うこと

病院や施設での集団感染への対策としての抗インフルエンザ薬の予防的投与が注目されています。

患者様、施設の利用者様の健康維持を考えると予防的投与は必要になります。

もう一方で病院や施設側からしても医療安全対策という点でも予防的投与は非常に有意義です。

この2点、双方のことを考えると予防的投与はするべきと考えます。

懸念材料も2点あります。

1点目は副作用の問題。

予防的投与はタミフル(後発品の場合はオセタミビル)、リレンザ吸入薬となります。

吸入の方が副作用としては少ないですが、特に施設の患者様では吸入が困難な場合もあります。

タミフル、オセルタミビルに関しては胃腸障害を中心とした副作用があります。

この副作用のことも考えると抗インフルエンザ薬投与の際には同意書が必要になってくると思います。

病院やクリニックの医療施設に関しては医師が常駐していますので対応しやすく、話も進みやすいですが、介護施設では医師が嘱託医となっていますので、副作用の出現の懸念はなお一層高くなると思います。

もう一点は費用負担の件。予防的投与はだれが負担するのか?

一般的には、予防的投与の基準を満たす方ではタミフル、オセルタミビル、リレンザの処方は可能です。

しかし、保険適応ではないため、1患者さん当たり3000-5000円くらいの負担が必要とされています。

これを患者様や利用者様が負担していただけるのか?

発生の時期が増えると2回、3回となってきます。その分、費用負担も倍増してきます。

それでは病院や施設側が負担するのか?という話にもなっています。

50人の施設であれば15-25万円相当の負担がかかります。

これも回数が増えれば負担額が増えます。

いずれにしろ保険適応ではないので、安全性と費用負担の問題が発生します。

おそらくは予防薬に関しては「治療」ではないので、保険適応にはならないでしょう。

ではどうするか?各施設にゆだねるということになります。

病院にしろ、施設にしろ、患者さん自ら発生したというより持ち込みで感染した可能性もあります。

それを自分たちの責任とすると、面会禁止となります(ただし、スタッフへのインフルエンザ対策は万全にしておく必要はあります)。

そんなことはそうそうできません。

インフルエンザ発生したのは誰かのせいだと誰かを責めたとしても何の解決にもなりません。

冬はインフルエンザが流行します。

これを完全に予防することは不可能です。

これだけ猛威を振るっていて、自分たちの施設だけ何もないということは少ないと考える必要があります。

感染が発生して当然なのです。

ですから、発生に対して騒ぐ必要はありません。

流行するということを当然とした対策を講じておく必要があると思います。

安全性を考えるのであれば処方方法、同意の方法を考えておく必要があります。

負担を考えるのであれば、予防的投与として医師の処方+薬局での患者様や利用者様が購入にするのか、施設側負担にするのか?

1年1年、対策を講じ、必要に応じて修正を加えながら、対策を明確にしていかなければならないと思います。

インフルエンザ感染は時期が過ぎれば落ち着きます。

しかし、これを機に対策を明確化する必要はあるという印象を持ちました。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年1月26日 土曜日

インフルエンザの陽性率

インフルエンザA型が年始からすごい勢いで増えていますね。

日頃の診療はもちろんのこと、休日夜間の診療所も小児だけではなく、大人もすごく流行しています。

ほとんどA型ですね。

今年は、インフルエンザ迅速検査をすると結構な確率で陽性に出ますね。

先週、少しだけ夜間急病センターで仕事をしましたが、発熱の80%くらいがインフルエンザ陽性でした。

休日診療当番をされている先生方で90%くらいの確率で陽性が出たという診療所もあったようです。

何でもかんでもインフルエンザというわけではないので、陽性率が高いからいい悪いではなく、それだけインフルエンザが流行しているということの証だと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年1月25日 金曜日

透析室への抗インフルエンザ薬の予防的投与

透析室のインフルエンザ予防に関しては非常に悩ましいところがあります。

現在インフルエンザウィルスが猛威をふるっており、当院でも一般的な予防行っております。

しかしそれはあくまで患者様あるいはスタッフへの感染予防です。

新聞等を読んでいますと、高齢者施設の場合、接触が多いためインフルエンザ拡大がしやすく、フロアのうち1人でもインフルエンザの患者さんが見つかった場合、あるいは2日か3日以内に2名以上のインフルエンザみたいな患者が出た場合に入所者全体、フロア全体の抗インフルエンザ薬の予防的投与を考慮すると記載されています。

そのようなことを考えますと、透析患者さんの場合、すごい近い接触は低いものの、同じ空間でいるわけですが、抗インフルエンザ薬予防的投与と言う面で具体的に決まっていないのは実情です。

予防的投与するにも患者様への同意が必要ですが、汚染拡大を防ぐためには、予防的投与と言うのは非常に有用だと考えます。

空気感染という点で考えるとフロア全体なりますし、飛沫感染ということを考えると周囲1~2m範囲の予防を講じるということになります。

幸い、当院では、インフルエンザ患者様の流行はいまのところみられませんが、早めに手を打っておいた方が良いとは考えています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら