アンチエイジング

2017年1月26日 木曜日

年々衰える足の筋力

あるチラシにこのような図が載っていました。



目にした時は衝撃的でした。

下肢の筋力がこんなにも早く衰えてくるなんて・・・。

一般的にでしょうが、20歳以降に下肢の筋力が徐々に低下し、50歳以降に全身の筋力が落ちてくる。

年齢の速さには驚きますよね。

下肢の筋力が安定している方は全身の筋力も落ちてきにくいのかもしれません。

やはりウオーキングをはじめ、何らかの運動習慣を付けていかないと65歳以降でかなりの筋力低下にいたり、痛み、転倒などいろんなアクシデントが出現する可能性があります。

言うは易く行うは難しの運動ですが、あえて言います。

皆さん、自分のペースでいいのでぜひとも何らかの運動を取組んでいきましょう。

すべて自分のためです。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年10月13日 木曜日

歯の大切さ

今日、介護認定会議に行ってきました。

介護認定を始めて3年目になりますが、全く関心のなかった介護に携わることで随分と医療にも幅が広くなりました。

その中で歯が悪くて、食べれなくて、栄養不良になる高齢者の方がいました。

認知症もないのに、歯がきっかけで調子を崩される。

ひょっとしたら結構いらっしゃるのかもしれません。

透析患者さんは虫歯や歯槽膿漏(歯周病)が多いといわれています。

唾液が少ないことが一つの原因のようです。

唾液が少ないため口腔内を洗い流せず、細菌やプラークがたまりやすいためです。

虫歯や歯周病は噛む力を弱めてしまいます。

唾液を出すには①舌トレーニング、②唾液腺マッサージがあるようです。

①は舌を出して、上下左右運動をします。

②は指で耳の下や顎の舌をマッサージします。

歯というのはおろそかにしがちですが、健康の第一歩です。

歯にも十分気をつけなければなりません。

人は食べることが基本です。

噛んで食べること。

噛んでいいことは多々あります。

特に認知症予防とがん予防というのが重要です。

ライオンのホームページにも載っていました。

http://www.lion.co.jp/ja/life/oral/role/02.htm

アンチエイジング(老化対策)の中でも意外と歯の管理は重要になってくると感じました。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年10月 1日 土曜日

透析のアンチエイジング

昨日、少しだけアンチエイジングに触れました。

基本的には食事と運動。特に運動が大切だと思います。人に言っていて自分でもやや心苦しく思います。
人に勧めることで自分に対して鼓舞しているところもあります。

透析のアンチエイジングって何だろう?

アンチエイジングは元気に、長生きということなります。

透析に当てはめて考えてみました。

・良質な透析
・長時間透析(極力尿毒素物質を除去する)
・楽に透析をすぐすこと(血圧低下などなく)
・貧血治療
・ビタミン(ビタミンE固定型透析膜、ビタミンBCE)
・血圧治療
・骨を丈夫に(ビタミンDを中心に)
・エルカルシトニン内服(心臓、筋肉、貧血に対して)
など

他にもきっとあると思いますが、透析施設として考えると、透析液の清浄化など良質の透析を提供するのは現在では当然だと思います。住宅の耐震性能と同じく、清浄化はしていて当たり前です。

長時間透析、楽に透析を過ごすことなどどれだけ透析で元気になってもらうか。。。

これは透析を受け身の考えではなく、アンチエイジングという老化を防ぐという点からも前向きで積極的な考えになります。

しんどいなどの症状もお聞きしますが、実際長時間透析で患者さんのQOLや生命予後もよくなっています。

ということは、医療機関が良質な透析を提供し、患者さんが長時間透析を受けることができればアンチエイジング効果が高いと言えるのではないでしょうか?

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年9月30日 金曜日

今の季節に思うこと

最近、天気の変化、気温の変化が激しいですね。

気温差があって、朝は涼しくて、昼は暑い日もあります。

雲が見当たらない日もあれば、雨の日もあって。

しかし思うことは1か月前よりは随分と過ごしやすくなったと思います。

暑くても熱中症になる程でもないし、寒いといっても炬燵にはいるほどではないと思います。

この時期こそ、外に出て歩いたり、庭いじりをしたりして身体を使ってほしいと思います。

最近、アンチエイジングという言葉をよく聞きます。

これは「老化の防止」、「老化の予防」ということになると思います。

アンチエイジングを聞くとサプリメントを想像する方もいらっしゃると思いますがやはり根本は食事と運動です。

腰痛などの関節痛、しんどいなど症状もあるとは思いますが、少しでも外に出ていい空気を吸ってほしいと思います。

運動といってもトレーニングをするわけではありません。もっと気軽に考えてほしいと思います。

動かなかったら、動くのが億劫になりますし、どんどん筋力が低下して、疲れやすく、しんどくもなりやすいです。

動かなくて筋力が落ちて、身の回りのことができない、認知症の出現、食欲不振の悪循環を廃用症候群といいます。

私はこの廃用症候群になってほしくないのです。

運動不足は少なくとも廃用症候群の予備軍になります。

少しでも動くことが体のエネルギーとなります。

気持ちにも爽快感が出てきます。

この季節に自分自身のために少しでも動く、無理にでも動くことで体力をつけてほしいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら