エルカルチン

2017年7月 5日 水曜日

カルニチン製剤をやめるとどうなる

透析患者のカルニチン濃度は低くなります。

理由は透析で約60%除去(分子量162、蛋白結合率が低い)されるからです。
*透析導入期のカルニチン濃度は正常という報告が多い。
*透析導入1年後からカルニチン濃度が低下することが多い。

カルニチン製剤のメリット
・筋痙攣の軽減
・貧血の改善、ESAの減量
・心肥大や心収縮力の改善
・運動機能の向上??
と言われています。

カルニチンの内服と静脈投与の比較では
エルカルチン製剤1000㎎静注週3回>内服900㎎≒静注500㎎週3回と報告されていますが、それぞれメリットデメリットは存在します。

次にテーマのカルニチン製剤(内服薬)をやめるとどうなる?ですが、

治療開始すると1-3か月後には速やかにカルニチンは増加し、特に静注製剤は著明に上昇します。

しかし、カルニチン製剤中止するとすでに1か月後では、特に遊離カルニチン濃度の低下はすごく下がります。

投与しておくと上がりっぱなしになるし、やめてしまうと数か月で欠乏してしまいます。

ではどうするか?

投与を継続し、濃度が上昇しても害はありませんのでそのままという選択肢もあります。

あとは報告例を拝見すると、週1回、あるいは隔週投与で濃度が安定すると報告されていますので、例えば初めの半年は週3回投与して、その後は週1回投与でもいいかもしれないと思っています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年1月 9日 月曜日

カルニチンは腸にもいいの?

カルニチンは脂肪燃焼作用などダイエットでもサプリメントとして使用されています。

透析ではカルニチンが透析で抜けるのでカルニチン製剤が薬として使用することがあります。

効果として、こむらかえりの改善、貧血の改善、心機能や心肥大の改善として期待されています。

心臓に関しては特に有用とされており、心臓が弱っている方ほど効果が高いという報告もあります。

カルニチン錠900㎎3か月内服したら便回数が増えたとか、腸内細菌に変化があったといわれています。

どちらもその変化が有意義なものかはわかっていませんが、嫌気性菌の腸内細菌叢に変化があったようです。

腸内細菌叢よりトリメチルアミンオキシドが発生するとも言われ、動脈硬化とも関係があるとの報告があります。

新たなカルニチンの知見が得られ、患者さんにとって有益なものであればいいですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年10月21日 水曜日

エルカルチンの後発品

近々、扶桑薬品からエルカルチンの後発品が発売されます。

エルカルチンは内服薬と注射薬がありますが、新しく発売される、レボカルチン「フソー」は100㎎、300㎎の内服薬のみです。

エルカルチンは高額な薬品であり、後発品に切り替える施設もあると思います。

後発品でも効果がそん色ない薬品も多々あり、後発品が劣っているとは言えないと思います。

ただ、エルカルチンの場合、比較が難しいというのが正直な感想です。

こむらかえりに使用することが多いので、後発品に変えて急にこむらかえりが再発した場合は、明らかに先発品が優れていると思います。

しかし、横ばいの場合は効果が同じなのか、実は必要ないのか。。。

というのも保険適応ではカルニチン濃度が測れないので、数値で判断することは困難です。

エルカルチンは貧血や心臓にもいいといっても、貧血や心臓の評価というのは単一的ではないので、どちらがいいというのは難しいものです。

おそらくは症状などが明らかな変化がない場合は、効果ありと判断し、安価なレボカルチンの方を選ぶと思います。

またまた、おそらくですが、どこかの施設で先発品と後発品のカルニチン濃度を比べた報告が出てくると思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年10月16日 水曜日

エルカルチン静注の効果

以前からエルカルチンの内服薬は発売されており、貧血やこむら返りに対して有効という結果が出ています。

本年2月よりエルカルチンの注射が発売されました。

エルカルチンの注射薬でも十分な効果があるようです。

こむら返りもそうですが、赤血球寿命も延長するという結果が出ました。

患者さんからすると飲み薬より注射のほうが内服薬の量が減っていいかなあと思っていますが、効果が気になっていました。

注射でも変わらずいい結果が出てよかったと思っています。



投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年2月23日 土曜日

下肢のつり~カルニチン欠乏の面から

カルニチンという筋肉のエネルギー代謝に重要な物質があります。

カルニチンは赤肉や乳製品に含まれており、体内でも肝臓・腎臓・脳で合成されます。

透析患者さんではこのカルニチンが不足~欠乏しているといわれています。

理由としては食事制限があること、透析膜からカルニチンが除去されてしまうこと、腎臓でカルニチンが作られないことが挙げられます。

そのため透析が始まって徐々にカルニチンが不足し3年後には随分と少なくなると報告されています。

症状として一番多いのが下肢のつりです。

透析の除水(水引き)とともに下肢のつりは生じやすいですが、それとは関係なしにつりやすい方はこのカルニチン不足を疑ってもいいと思います。

治療方法としては薬物療法が主体となります。

エルカルチン錠を300-900㎎(体重あたり10-20㎎が目安)を内服します。

すると1か月くらいたたない前にこむら返りが減ってきます。

非常に効果が高い薬だと思います。

また近々エルカルチンの注射薬も発売されるようです。

体内吸収の点からは注射薬のほうがいいかもしれませんが、経口薬は連日内服に対して、注射薬は透析毎となるため頻度が異なります。

どちらの方法がいいかは今後の検討になってくると思われます。

エルカルチンの他の期待できる効果としては

① 腎性貧血の改善、赤血球寿命の延長

② 透析中の低血圧の軽減

③ 心臓の収縮力の増加や心肥大の軽減

④ 運動能力(QOL)の改善

などが報告されています。

大切な効果判定に関しては通常3-6か月といわれています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら