シャント

2012年3月28日 水曜日

どうにかできませんか?~シャントPTAの診療報酬改定

シャントPTAが必要な患者さんがいます。

超緊急ではありませんが、今週末か来週頭くらいには必要です。

来週から4月。

診療報酬が変更します。

4月からシャントPTAの診療報酬は大幅にアップします。

当然、シャントを治療する医者は「4月に入ってからしてくれ。」といいます。

同じ治療をするのだからその方が報酬は上がりますから当然です。

しかし、僕たち透析側からするとこの患者さんは2-3カ月ごとにシャント狭窄を繰り返していて、シャントPTAが必要な方です。

もし、4月2日にシャントPTAをしてしまったら、次は7月3日まで原則的にできません。

それまで詰まってしまったら全てシャント治療側の病院が無料で治療をしなければなりません。

無料(手術料を取れない)だけではなく、材料費もとれないので赤字になるわけです。

というわけで今回は2-3ヶ月後の再PTAの可能性のことを考え、3月末にして頂くことになりました。

私が言いたいのはここからです。

シャントPTAを3か月以内に繰り返し行っている方は確かに少ないです。

しかし繰り返している方は実際いるわけでほんの一握りというわけでもありません。

各施設で2-3名はいらっしゃいませんか?

そのような方は今後どうなるのでしょうか?

赤字覚悟でシャントPTAをやってくれる病院はあるのでしょうか?

赤字覚悟で紹介元のクリニックは頼めるのでしょうか?

シャントPTAがだめならシャント手術を繰り返し行っていけばいいのでしょうか?

このようなシャントPTAができない状況を作るのはおかしいと思います。。

シャントは血液透析患者さんの命綱です。

我々はいくら透析のことを考えても、シャントがなくては何も始まりませんし、何もできません。

透析クリニックにおいてかなり大きな問題です。

シャントPTAの診療報酬は元々手技の割には安く、アップするのは当然ですが、何か忘れていませんか?

診療報酬を上げる代わりに回数を減らさないと、医療費増大はさらに増えるのもわかります。

不正までとは言いませんが、本来の適応を拡大して行う施設も出てくるかもしれません。

しかし、命綱であるシャントを守ることは一番重要なのです。

繰り返しできないのであれば、せめて材料費はとれるように働きかけてほしいと思います。

困るのは患者さんだけではなく、現場にいる透析医師なのです。

スタッフも困ります。

繰り返しますが、シャントなしでは我々は無力なのです。

この状況を打開するよう透析医会でも考えて頂きたいと強く思います。

もしシャントPTAを繰り返している患者さんが目の前にいたらどうしますか?

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2012年3月22日 木曜日

シャントPTAの診療報酬アップ~透析室の責任

2年ごとの診療報酬改定。

その中でも今回、シャントPTA(風船治療)の診療報酬が大幅にアップされました。

これまで低すぎたのですから当然と言えば当然です。

このニュースを聞いた時、正直言って、「これでシャントトラブルがあっても少しは頼みやすくなる」と思いました。

術者にとってはやはり治療も大事ですが、利益も大切です。

シャントは本当に複雑な血管のことが多いので時間を要することもあり、心身ともに疲れてしまうことも多々あります。

そんなときに、難しいし、点数が安いし。。。とついつい愚痴をこぼしてしまうことも。。。

今回の大幅アップ。

しかし、請求できるのは最低3ヶ月経たないとできないということです。

例えば4月1日にPTAすれば、次は7月2日以降でないと請求できないようです。

手術費用も材料費用も。

その間にもう一度PTAが必要になったら。。。すべて持ち出しということになります。

これはなんというプレッシャーでしょうか?

PTAして、翌日閉塞してしまうこともあれば、2ヶ月後と繰り返している方もいらっしゃいます。

ただ、国が決めたことだから仕方ないですよね。

では透析室としてどうするか?

完全閉塞を作らないこと!!

完全閉塞と狭窄は全く別物です。

シャントが完全に閉塞して、PTAするとPTA直後に詰まったり翌日詰まったり、いい結果にならず、またシャントPTAをしなければならないことがあります。

ですから透析室管理の責任として最低シャント完全閉塞を作らないことです。

今回の診療報酬改定で、反対に管理(クリニック)側はプレッシャーになります。

だって、3カ月以内に再度シャントPTAが必要になれば病院の自己負担になるのですから。

もし、そうなってしまったらどうしよう。。。

当院はまだ同じ法人ですのでたとえそうであっても頼みやすいですが、もしクリニック単独であれば、外のシャント施設に頼まなければなりません。

そのプレッシャーは本当に厳しいものだと予想します。

PTAがダメであれば、シャント作成術という手段は残っています。

①大切なシャント管理で完全閉塞を作らない。

②シャントが上手な先生に作ってもらう。

③PTAができない場合に、いつでも頼める上手なシャントドクターと連携を取っておく。

これが来年度シャントPTA診療報酬改定五に必要な策と思われます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2012年3月 3日 土曜日

シャント血管がたくさんあって・・・

透析患者さんにとってシャントは命綱です。

シャントの管理は慎重に丁寧にしなければなりません。

今回、脱血不良になった患者さんは腕の静脈がとても目立っている方です。

目立って、良く浮いてきている血管とするといいことだとは思うのですが、透析で必要なメインの血管がない状態なのです。

血液の流れの豊富なメインの血管は脱血も良好です、透析効率も良好になります。

しかしいくら血管が多いからといって、メインの血管の流れがよくなければいいシャントとは言えません。

メインの血管への血液が他にどんどん取られていっている状態なのです。

これらの血管を側副血行路といいます。

原因としてはある時期に知らない間にメインの血管が閉塞してしまっていて、その詰まってしまった血液の流れを補充するように細い血管がにょろにょろと生えていくことが原因です。

この患者さんは細いにょろにょろとした血管がすごく発達して、しかも太くなってしまったためにメインの血管の血流が不足するようになりました。

治療か?

一番太い側副血行路を縛ってしまったら、逃げ場がなくなってメインの血管に流れるという理屈になります。

側副血行路が少ない場合は一本太い血管を縛ってしまえば、メインの血流が良くなり、シャントは復活します。

しかし今回の方のように血管が多い方の場合はどこを縛っていいのかわかりません。

太い側副血行路をおさえながら、エコーを見て、メインの血流が回復するかどうかを流速波形を見ながら頑張ってみたのですが、どこの血管を縛るべきか、その適切な血管を見つけることができませんでした。

困った時の、シャントゴッドハンドです。

相談したところ、やはり縛るだけでは解決しないこともあるようで、もう一度シャントを作り直さなければならないこともあるということでした。

ということで一度患者さんに受診して頂くようにしました。

シャントについてよくわかるホームページを書かれています。

http://www.kojima-geka.info/html/syanto/index.html

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら