シャント

2012年5月19日 土曜日

シャントPTAで透析効率アップ!!

尿素窒素の除去率などで患者さんの透析状況を話し合っています。

尿素窒素の除去率で透析の効率の良し悪しが分かります。

1回の透析で透析効率が上がるのは・・・

まちがいなく、透析効率です。

血液流量や透析膜を増やしても効率はよくなりますが、時間延長にはかないません。

しかし、見逃していけないのはシャントの状態。

当院の患者さんで4月の除去率が46.7%の患者さんがいました。

シャント不良でシャントPTAを行ったところ、

なんと除去率70.8%まで回復していました。

除去率が低い場合はシャントの状態を確認する必要があると改めて思いました。

いいシャントと透析時間がいい透析効率を生むと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2012年5月10日 木曜日

シャント作成困難の方へのテシオカテーテル

・動脈-静脈シャント

・動脈ー動脈シャント

・人工血管

・動脈表在化

何らかの理由で上記のようなブラッドアクセスが困難な場合、皮下の埋め込み型の透析カテーテル(バイオフレックス・テシオカテーテル)を挿入します。

挿入方法は首の静脈から下図のカテーテルを2本挿入して、赤側から脱血を行い、青側に返血します。



http://www.hayashidera.com/products2/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%80%80%E3%83%86%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB/

(株:林寺メディール)

結構長いでしょ。

感染予防のために①~②の部分は皮下に埋め込んでおくのです。

2本のカテーテルを挿入することと、カテーテルに細菌侵入予防のカフがついていることが主に良くされる一時的透析カテーテルと違いところです。

カフは上図の①です。

皮下カフがついていて、一本のカテーテルが一時的なものより太いので長く使用できることが可能です。

5年持ったという話も聞きますが、経験はしたことがありません。

今回、カテーテルに沿って皮膚の感染をしたのでテシオカテーテルの入れ替えを行う方がいます。

皮膚だけの感染で血管の中には入っていません。

血管の中に細菌が入ると全身に回るのでえらいこっちゃです。

一時的カテーテルであればとっくにカテーテルを伝って血管の中に細菌が入っていたことでしょう。

ただこのテシオカテーテルは皮下のカフで細菌をブロックしていました。

皮膚感染の場合、皮膚が赤くなるのですが、この皮下カフのところで赤みがストップして、それ以上炎症が広がっていなかったのです。

皮下カフの重要性を認識しながらも感染しているのは事実なので新しいものを入れた方がいいでしょう。

これまで数名テシオカテーテルを挿入しましたが、感染したのは初めてです。

テシオカテーテルが必要になる方はわずかですが、本当に困った場合は助かるブラッドアクセスの一つの方法です。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2012年5月 1日 火曜日

シャントPTA依頼を受ける立場の病院

診療報酬が改定して1カ月。

4月にもシャントPTAがありました。

3か月以内にシャントPTAがあったらどうしようという思いはシャントPTA治療側にはもちろんあります。

もし、他院からシャントPTAを紹介されたら。。。

紹介元のドクターに

「3カ月以内の再PTAはできません」

「3か月以内にどこかでPTAされていますか?」

と言えるでしょうか?

こまって連絡してきている医師に対してなかなか言いにくいことです。

かといって、容認してPTAをしていくと大赤字になっていきます。

本当に困ったものです。

医師に言いにくいから患者さんに言うのもおかしいですし、PTA目的に来院された患者さんに向かって、

「3か月以内にPTAをしているので当院ではできません」

という返事もできるわけがありません。

ですので現状ではやはり紹介元のクリニック医師がシャントPTAを3カ月以内に行っているのであれば外科医師に治療をゆだねるべきだと思います。

本来であればシャントPTAという手段であったと思う症例でも外科依頼になるでしょう。

あるいは何か保険請求的ないい方法があるのでしょうか??

正攻法でいい方法を考えなければなりません。

①シャントトラブルになりやすい方

②シャントトラブルを起こしにくい方

に分けて。

そうしないと患者さんにも、病院とシャントPTA治療側にも迷惑がかかってしまいます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら