リン

2018年11月 5日 月曜日

2018年日本透析学会のリオナ関連の発表集より

リオナは、リン吸着剤ですが、鉄分が含まれているのでヘモグロビンが上昇する可能性があります。

時に、過剰な上昇することがあり、注意が必要とすることがあります。

学会発表の中で、赤血球を3,500,000以下かつ、MCH35以下にコントロールをすると過剰な上昇を下げると報告がありました。

また、当院の発表では、鉄欠乏状態では過剰なHbの上昇をきたしやすいので注意が必要という報告もすでに行っています。

後は、薬を増やすと貯蔵鉄であるフェリチンが上昇しやすくなります。

また、鉄分が入っているため14%の方々に下痢を示すことがあります。


今回、

食事の間食のときのリン吸着剤の飲み方についても報告がありました。

間食の時にリンの薬を飲むと隣が7台から5台下がる報告もありました。

あと、75歳のご高齢の方では、食事摂取量が低下し、1回分の食事で十分なカロリーが取れない時に、間食をすることにより栄養状態が改善すると言う報告がありました

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年10月 5日 金曜日

ピートルを食前に飲むのを忘れたら?

ピートルを食前に飲むのを忘れたら

食前の薬って忘れやすいですよね。

気付いたらすでに食事を食べていたこともあるのではないでしょうか?

アメリカではピートルは「食事中に経口摂取」すると記載されています。

錠剤の量は倍量の500㎎しかないようです。

量はいいとして、「食事中」でも大丈夫なんだという安心感。

ピートルを『食前』飲むのがいいのか、「食事中」に飲むのがいいのか?という論文は残念ながらありませんでした。

しかし、海外は食事中に内服するという用法になっていますし、論文でも内服して4週後には速やかに低下し、12週後にかけてさらに低下すると報告されております。

これは本邦の報告に類似しています。

結果として、基本的には食前投与ですが、「忘れてしまった!どうしよう。」というときは、食事中でも効果はありそうですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年10月 1日 月曜日

ピートルに新剤型

透析患者さんで血清リン濃度が高い方に、リンを下げる薬=リン吸着剤が必要になることが多いです。

その中で、鉄を利用して、リンを下げる薬に

「ピートル」という薬剤があります。

この薬剤は、チュアブルというドーナツ型していて、口の中で簡単に噛み砕ける剤型をしています。

噛みやすいのですが、「味」と「噛んだ後の違和感」が問題でした。

この度、下記のような、新しい顆粒分包が発売になりそうです。



まだ、飲んではいませんが、ロトリガやEPAのようなつるつるしているものと同様な食感であれば飲みやすそうですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年8月 9日 木曜日

多剤併用(ポリファーマシー)の問題

透析患者さんは血圧の薬やリン吸着剤の薬などたくさんの薬をもまれています。

平均6.7錠ということですが、もっと多いかもという印象を持ってしまいます。

日本人は外国と比べて、飲み忘れが少ないといわれていますが、それでも3分の1の方は飲み忘れがあるといわれています。

リンの薬は特に量が多く、飲み忘れをしやすいといわれています。

ポリファーマシーの点から考えると

リンの薬で大切なことは

①錠剤数が少なくて、効果が高いこと

②透析患者さんが飲みやすい剤型にすること

③透析患者さんに多い便秘が少ないリン吸着剤であること

だと思います。

リンの薬が多いということでポリファーマシーという点からは問題になりますが、

その一方で、リンの薬をきちんと飲みながら、食べるものをしっかりと食べることによって、栄養を維持でき、生命予後も向上するとも言われています。

大切なことは、必要な薬を必要な分だけ適切に処方することだと思います。

その中で、患者さんここに合わせ、患者さんが飲みやすいであろう薬剤を選択することが、ポリファーマシーの問題対策にもなり得ると思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年7月 9日 月曜日

炭酸ランタンでリンが下がらない場合

炭酸ランタンであるホスレノールは1錠当たりのリン吸着力は非常に強いお薬です。

少ない錠剤でリンが低下するのは非常にありがたいです。

リンの薬は長所短所ありますが、薬には1食あたり何錠、場合によっては10錠くらい必要なこともあります。

そう考えるとホスレノールは最大量でも2錠(1回)で済むので頼もしい薬です。

ただ、時にホスレノールを最大量で飲んでも下がらないことがあります。

調べてみると、ホスレノールは胃の中のpHが高くなると効きにくくなることがあるようです。

つまり、制酸薬を飲んでいるときです。

もし、同じようなことがあれば見直されてもいいと思います。

pHが高い時に効果が減弱する薬に、炭酸カルシウムが有名ですが、ホスレノール(炭酸ランタン)にも注意が必要だと思います。

今のところ、鉄含有リン吸着剤であるリオナやピートルはpHが高くても、低くても効果は発揮するようですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら